バックグラウンド


世界初Block-Chain
決済サービス

D-ZoneCoinは世界初のブロックチェーン技術を取り入れてつくられた決済サービス『TheDreamPay』と連動し高いセキュリティと利便性を実現し消費者と加盟店、また世界中の経済成長を支えるコインを目指します。国や貨幣にとらわれない新しい決済手段The-Dream-Payは、弊社独自開発のPayとウォレット、様々な暗号通貨と連動することにより自由で枠にとらわれることのないグローバルな決済手段を全世界に提供します。

D-ZoneCoin PUBLIC SALE LIVE!!

1次ICO 10%ボーナス!!

2018/06/01
ICO開始
販売予定トークン:0,000,000 DZC
米ドル:$ 0,000,000

TheDreamPayについて


一般的に、ユーザーの操作性を簡単にするほど、セキュリティ設計は困難になります。Dream-Payはブロックチェーン技術を取り入れることによって操作性を下げることなく、セキュリティ面で優れたシステムを構築しました。また、ハッキングなどの不正アクセス対策も万全です。暗号通貨を通じて、ブロックチェーンで各口座情報と連動することにより再チェックを行う仕組みを作り上げました。

background

DZCトークン

1次ICO


開始 2018年6月1日
RATE1DZC = 1.0JPY
終了2018年6月7日
ボーナス1次ICO:10%のボーナス

1次パブリックセールでは購入金額の10%のボーナストークンが付与されます。

2次ICO


開始 2018年6月14日
RATE1DZC = 1.0JPY
終了2018年6月21日
ボーナス2次ICO:5%のボーナス

2次パブリックセールでは購入金額の5%のボーナストークンが付与されます。

3次ICO


開始 2018年6月28日
RATE1DZC = 1.0JPY
終了2018年7月4日

DZCトークン取引


開始2018年7月8日
bitFlyerやCoinCheckなどの取引所からBitcoin、Ethereumを送らないでください。ウォレットの認識ができないので資金を失う可能性があります。blockchain.infoやMEWなどウォレットアドレスが個々に付与される独自ウォレットから送金してください。

決済業界への挑戦

手数料の概念を大きく変える

チャレンジ

現在決済業界は一部の大手企業が手数料という形で利益を独占しています。そして企業ごとににお客様の決済情報、顧客情報として決して安全とは言えないデータベースサーバで管理されているのが現状です。それはとても深刻で問題もいくつも起きています。それを解決するのが弊社が開発したブロックチェーン決済サービス『TheDreamPay』です。

ブロックチェーン技術のスマートコントラクト、分散型台帳技術を使うことにより悪意のある一部のユーザーによる不正な書き換え、分散型台帳技術でサーバーを分散することにより中央サーバーのように莫大な管理コストもかからず手数料を下げるという加盟店の利益を優先できるシステムを構築すること実現しました。

これにより加盟店は現在3%~かかっている手数料を0.5%に抑えることができ一般消費者も情報漏洩、不正利用などから完全に守られた環境で決済サービスを利用することが可能になります。

background

D-ZoneCoin

DzoneCoinの技術面のご説明

【決済&送金サービス】 ユーザ名とパスワードまたはPIN番号を入力するだけで保有しているWalletからPAYをJPY(円)に切り替えた後、出金することができます。これを通じて海外送金も可能です。
(2018年第2四半期中ATM利用可能)

【グローバルチャット機能】
微信(WeChat)、ライン(Line)、カカオトーク(KakaoTalk)のようなグローバルメッセンジャーを自社開発して、世界中のDream-Pay会員間のコミュニケーションツールとして開発しております。もちろん決済、送金、出金機能を利用することができます。
(2018年第2四半期中のメッセンジャーサービス提供予定)

チャレンジ
チャレンジ

ユーザーの操作性を簡単なものにするほど、セキュリティ設計は難しい ものになります。 DreamPayはブロックチェーン技術を取り入れることで、操作性を下 げることなくセキュリティ面で優れたシステムを構築しました。 また、ハッキングなどの不正アクセスを防ぐために、暗号通貨の連動、 ブロックチェーンで各口座の情報を連動し、再度チェックする仕組み なので、ハッキング対策もしっかりと行っております。

【決済&送金サービス】 ユーザ名とパスワードまたはPIN番号を入力するだけで保有しているWalletからPAYをJPY(円)に切り替えた後、出金することができます。これを通じて海外送金も可能です。
(2018年第2四半期中ATM利用可能)

【グローバルチャット機能】
微信(WeChat)、ライン(Line)、カカオトーク(KakaoTalk)のようなグローバルメッセンジャーを自社開発して、世界中のDream-Pay会員間のコミュニケーションツールとして開発しております。もちろん決済、送金、出金機能を利用することができます。
(2018年第2四半期中のメッセンジャーサービス提供予定)

チャレンジ
background

取引所への上場が確定

D-ZoneCoinは有名取引所への上場が確定しております。


2018年07月上旬にCOINEXCHANGE.IOに上場が確定し、またICO後手数料完全無料の会員制取引所がオープン予定です。会員の皆様は24時間何回取引しても取引手数料無料となっております。

データブローカー

スマートコントラクト

ブロックチェーンのスマートコントラクト技術を取り入れることで取引を自動化することにより決済期間の短縮、不正防止、コスト削減など様々なメリットをもたらします。

一元化

現在多数乱立している仮想通貨、世界各国の法定通貨すべてと連携したPAYでどこにいてもストレスを感じることなく決済を行うことができます。

チャット

自社開発のチャットアプリで送金はもちろん通貨や決済サービスのコミュニケーションツールとして普及します。

国際送金

国際決済の透明化やスピードアップで、消費者サービスの向上にもつながる。ブロックチェーン技術によって、受益者の口座への入金通知から送金情報まで、手数料を含む取引プロセスの大幅な透明化を図ることで、さまざまなポジティブ効果が期待されます。

少額決済

ブロックチェーン技術を取り入れることで取引コストが安くなることにより、今まで経済的に意味を見いだすのが難しかった少額決済が経済的に意味のあるものとなり、推進されていきます。

透明性

ブロックチェーンのトランザクションは誰でも確認することが可能です。そのため人為的に取引を改変することができませんので、不正を行う事ができません。そういった技術の上でペイサービスを構築することで顧客と加盟店が安心してサービスを利用することが可能になります。

background

TheDreamPay提携企業様一覧

私たちのトークンや決済サービス『DreamPay』へ賛同をいただき業務提携させていただきました企業様、団体様を下記にてご紹介させていただきます。また新たに賛同いただける企業様などございましたら下記の【業務提携】ボタンよりご申請いただけると幸いです。

background

ロードマップ

2018年5月1日10:00 (JST)

プレセール開始

2018年5月5日10:00 (JST)

エアドロップ開始

2018年6月1日10:00 (JST)

パブリックICO

2018年7月8日

取引所へ上場

CoinExchange.ioへ上場しすべてのユーザーが一般的にDZCトークンを手に入れることができるようになります。

2018年9月

送金と支払い決済本格実施

韓国全国で加盟店15万件

2018年10月

海外5カ国以上でサービス進行

世界中で仮想通貨連動サービス実施予定

2019年下半期

アメリカ、日本など世界的にドリームゾーン、ドリームモール市場拡大

2020年上半期

ドリームペイ中国と欧州市場への進出

2020年

ブロックチェーン4世代技術の開発

ドリームペイ2.0サービスオープン
ブロックチェーンベースでメディア、文化、セキュリティなど多方面にて事業領域拡大

background

掲載メディア

D-ZoneCoinを掲載していただいているメディア様のご紹介

取材などへのご返信は順次行っております。コンタクトご希望のメディア様は下記の【メディア様お問い合わせ窓口】よりご連絡ください。

background

TEAM

アドバイザー

パートナー

background

世界への展開

日本だけではなく、韓国、アメリカ、タイ、フィリピンが既に展開が確定その他世界各地でDream-Payを展開予定です。

原文